クリニックの薄毛治療

髪の毛

後頭部の毛根の確認が大事

薄毛を根本的に改善できる方法として、クリニックで行われている自毛植毛の手術があります。自毛植毛とは文字通り自分の髪の毛を植毛していく方法で、ピンポイントで薄くなっている頭皮の部分の髪の毛を増やすことが可能です。自毛植毛では自分の毛根を採取して移植していくことになるために、後頭部に髪の毛が残っている必要があります。後頭部はAGAの影響を受けにくい場所と言えますので、薄毛が進行している人であっても残っている確率が高いですが、その部分の毛根を抜くことになりますので、手術を受ける前にどの程度の量を採取することになるのか確認しておくことが大切です。後頭部の髪の毛が少ない状態であれば、そこから新たに毛根を採取することは危険を伴いますので十分に考慮しておく必要があります。

様々な手術の方法がある

植毛手術の種類には、人工毛のものと自毛植毛とがありますが、一般的に自毛植毛のほうが安全性が高いことで知られています。外科的手術を行って移植を行う方法を採用しているクリニックが多いですが、メスを使用することなく専用の器具を使って毛根を採取しているクリニックも存在しています。メスを使用する方法で毛根の採取を行う時には、傷跡が後頭部に残ってしまいますが、メスを使わない方法で自毛植毛を行っているクリニックであれば、傷跡の心配をする必要がなくなります。メスを使用しない方法を選択するときには、1本ずつ毛根を手作業で採取する方法と電動器具を使用して大量に採取できるクリニックに分けられます。1本ずつ手作業で毛根を採取する場合には、身体への負担が大きくなることと、大量の毛根の採取を行うことはできませんので、しっかりと把握して移植の方法を選択することが大切です。